トップ>任意保険の内容は

任意保険の内容は

目次

任意保険とは

 任意保険とは、①人身事故で自賠責保険の支払限度額を超える損害賠償、②自賠責保険が適用されない他人の財物(相手の車、電柱、建物など)に損害を与えた場合の損害賠償、③自分の車の損害、④その他の保険契約で定めた損害について支払いの対象とする自動車保険をいいます。

 任意保険の主な補償は、①他人のための補償(賠償保険)、②自分や同乗者のための補償(傷害保険)、③自分の車のための補償(車両保険)に大きく分類され、①の賠償保険はさらに対人賠償保険、対物賠償保険に、②の傷害保険は人身傷害保険、搭乗者傷害保険、無保険車傷害特約、自損事故傷害特約に分けられます。

任意保険の内容

対人賠償責任保険

 対人賠償責任保険とは、自動車事故で他人を死傷させ法律上の損害賠償責任を負うことになった場合に、自賠責保険の支払限度額を超える部分にについて被害者1名ごとの損害につき契約している金額を限度として保険金が支払われます。

対物賠償責任保険

 対物賠償責任保険とは、自動車事故によって他人の財物(他人の車や建物など)に損害を与え法律上の損害賠償責任を負うことになった場合に、保険金額を限度として、修理費などの合計額から契約による免責金額(自己負担分)を差し引いた金額が支払われます。

人身傷害(補償)保険

 人身傷害(補償)保険とは、自動車事故により身体に傷害を被った被害者が、加害者の賠償責任の有無にかかわらず、自ら契約した保険契約(約款)に基づき、保険会社から保険契約に定められている基準に基づいて算定された損害額相当の保険金の支払を受けることができる、実損てん補型の保険です。事故の相手方との示談交渉の終了を待たずに保険金を受け取ることができます。

搭乗者傷害保険

 搭乗者傷害保険とは、自動車事故により運転者や同乗者が死傷した場合に、 入院・通院日数、又は部位症状別に定額の保険金が支払われる保険です。保険金の支払が早いことが特徴で、損害額が確定していなくても保険金を受け取ることができます。

自損事故保険

 自損事故保険とは、契約中の車を運転中の自損事故(電柱衝突や転落事故など)で、運転者や同乗者が傷害や死傷をした場合に保険金が支払われます。自賠責保険でカバーできる場合や人身傷害で補償される場合にはその保険で補償されます。

無保険車傷害保険

 無保険車傷害保険とは、無保険自動車との衝突や接触による人身事故で契約自動車に乗車中の者が死傷の損害を受けた場合に保険金が支払われます。

 無保険自動車とは、①対人賠償責任保険の付帯していない相手方自動車、②対人賠償責任保険は付帯しているが運転者の年齢条件違反などの理由により保険金が支払われない相手方自動車、③相手方自動車に対人賠償責任保険は付帯しているがその保険金額が無保険車傷害保険の保険金額より低い場合の相手方自動車、④当て逃げした自動車をいいます。

車両保険

 車両保険とは、契約自動車が衝突、接触、墜落、火災、盗難、台風、洪水、高潮など偶然の事故によって損害を受けた場合に保険金が支払われます。
 自分の車の修理費等を補償する保険です。交通事故以外にも盗難や自然災害(地震・噴火・津波は除く)などで車に損害が発生したときにも保険金が支払われます。

保険金請求権の時効

 一般的に、事故から相当の時間が経過すると事故の調査などが困難となり、適正・迅速な保険金支払いができなくなるおそれがあるため、保険金を請求する権利は、3年間行わないときは時効によって消滅するとされています(保険法第95条)。

 なお、保険金請求権の時効の起算点は、補償内容により異なります(詳細は、各保険会社にご確認ください。)。

保険の種類時効の起算点
賠償責任保険(対人・対物)被保険者の法律上の損害賠償責任の額が、判決・示談によって確定した時


人身傷害補償保険
傷  害被保険者が平常の生活・業務に従事することができる程度に治った時
後遺障害被保険者に後遺障害が生じた時
死  亡被保険者が死亡した時
車両保険損害が発生した時