トップ>人身傷害保険について

人身傷害保険について

目次

 人身傷害保険とは、自動車事故により身体に傷害を被った被害者が、加害者の賠償責任の有無にかかわらず、保険会社から自ら契約した保険契約に定められた基準に基づいて算定された損害額相当の保険金の支払を受けることができる実損てん補型の保険のことをいいます。ただし、被保険者の重大な過失、酒気帯び運転、犯罪行為、自然災害などの自動車事故は、保険金は支払われません。

 人身傷害保険は、契約自動車に搭乗しているときの自動車事故のみを補償するタイプ(対象者は、契約自動車の保有者(運行供用者)、運転者、同乗者)と、契約自動車に搭乗中だけでなく、歩行中など車に乗っていないときやバスやタクシーに乗っているときの自動車事故も対象になるタイプの2種類があるのが一般的です。なお、後者のタイプは、保険料が高くなります。

補償内容

 人身傷害保険は契約保険金額を上限として、実際に掛かった治療費・休業損害・精神的損害、死亡や後遺障害による逸失利益などの実損額が過失割合に関係なく支払われます。
 なお、損害額の認定は、約款に基づき保険会社が行います。

補償対象(損害)補償の内容
傷  害治療費、休業損害、精神的損害など
後遺障害治療費、逸失利益、精神的損害、将来の介護料など
死  亡治療費、逸失利益、精神的損害、葬儀費用など
※ 逸失利益とは、交通事故に遭わなければ本来得られたはずの収入をいいます。

人身傷害保険が役に立つのは

 交通事故の示談交渉は、①相手方が無保険(任意保険に未加入)の場合、②怪我が重症な場合、③車の損傷具合が激しい場合、④過失割合に争いがある場合などで長引くことがあるため、被害者への賠償金の支払が遅れることがあります。

 その点、人身傷害保険は、示談交渉を待たずに損害額が確定した時点で保険金が支払われるため、①入院や通院が長引き社会保険等ではカバーしきれない場合、②後遺障害が残り、長期に渡って通院や治療、介護が必要になる場合、③事故の相手方から賠償金が長期間に渡って支払われない場合などに役立ちます。

人身傷害補償保険のメリット・デメリット

メリットデメリット
① 過失割合に関係なく実損分の保険金の支払いを受けることができること
② 示談交渉を待たずに損害額が確定した時点で保険金が支払われること
③ 特約を付ければ、歩行中のとき・タクシーやタクシーに乗っているとき・自転車に乗っているときなど契約自動車以外での事故も補償されること
④ 人身傷害保険のみを使った場合は、等級が下がらないこと
① 補償が手厚くなれば、その分保険料が上がること
② 相手方から賠償金の支払を受けた場合や労働者災害補償制度によって既に給付の決定がされた場合又は給付を受けた場合は、その分の金額が保険金から差し引かれること